要注意!スタディサプリでアプリ内課金が厳禁の理由

スタディサプリ アプリ内課金

スタディサプリとスタディサプリENGLISHには、公式アプリがあります。
スマホから勉強出来ますので、アプリ中心に利用される方も多いと思います。
僕もスタディサプリENGLISHを使っていますが、アプリがメインです。

ですが、絶対にアプリ内課金をしてはいけないことをご存知でしょうか。

既にアプリ内課金をしているのであれば、直ちに停止をする方が良いです。
また、これから利用される方も、絶対にアプリ内課金をしないようにして下さい。

この記事では、スタディサプリとスタディサプリENGLISHでアプリ内課金がNGな理由についてご紹介していきます。
便宜上、これ以降はENGLISHも含めてスタディサプリと記載していきます。

スタディサプリ全般でアプリ内課金がNGの理由

スタディサプリ全般で、アプリ内課金がNGな理由は2つあります。
順番にその理由をご紹介していきます。

1.値段が高い

最大の理由ですが、アプリ内課金は値段が高いということです。

アプリからの支払いの場合、アプリ会社への手数料が発生します。
iPhoneであればAppleに対して、AndroidであればGoogleへの手数料が掛かります。
つまり、アプリ内課金にはこの手数料が加算されているのです。

スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースのベーシックプランを例にしてみます。

ウェブからの支払い:2,980円(税抜き)
アプリ内課金:3,425円(税抜き)
という具合に、約500円位の差があります。
サービスの内容に違いはないのですから、この差は大きいですよね。
それに毎月掛かりますから、差額はどんどん重なっていきます。

2.キャンペーン対象外

もう1つの理由ですが、アプリ内課金はキャンペーンの対象外ということです。

スタディサプリでは、定期的に新規会員向けにキャンペーンを開催します。
期間中に登録されると、通常よりもお得にスタートすることが出来ます。
特典の内容は毎回変更されますし、コース毎に異なります。

このキャンペーンですが、アプリ内課金は基本的に対象外となっています。
ウェブからの登録限定というのが、殆どです。

以上の理由から、スタディサプリを利用する際にはアプリ内課金は選ばない方が良いです。
利用出来る内容は変わらないのですから、お金がもったいないです。

幾つか支払い方法はありますが、スタディサプリはクレジットカード払いがオススメです。
理由については、下記の記事を参考にして下さい。

スタディサプリの決済で、クレジットカードを絶対に選ぶべき理由

まとめ

スタディサプリは公式アプリもありますので、アプリ内課金で利用可能です。
ですが、アプリ内課金は色々なデメリットがあるので、選ばない方が良いです。

アプリ内課金をしなくても、会員であれば公式アプリは利用可能です。
僕自身も、カード決済で公式アプリから学習しています。

新規会員向けのキャンペーンについては、下記で最新の情報を掲載しています。
もし体験やキャンペーンに興味があるようでしたら、下記の記事をご覧下さい。

スタディサプリのキャンペーンコードWiki【2019年最新】